私が免許を取ったのは大学4年の冬休み、卒業の直前でした。

私が免許を取ったのは大学4年の冬休み、卒業の直前でした。

内定先から免許を取れと言われていたにも関わらず面倒で引き伸ばししていましたが、いよいよ焦り合宿免許で短期的に取ってしまおうと思い立ちました。
資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)取得のために必死に勉強するワケですが、市街地から離れたちょっと閉鎖的な場所ですから、絞りきった頭のリフレッシュがないとやっていけないものです。

それに学校側としても、卒業生の口コミは重要になっているはずで、卒業生から「○○学校のご飯は美味しくない」なんて聞いてしまった人は二週間近く食べる料理が不味いだなんて、行きたくもなくなってしまうはずです。

かかる費用が、一定額です。期間が決まっているため、いい意味で自分を追い込むことが可能です。

一緒に合宿へ参加している人たちと、絆・連帯感ができます。しかし、いざメンバーで集合してみるとそんな不安な要素はどこへなくなりました。彼氏・彼女ができやすいです。

悪く言うと、缶詰めの状態であるため、そういった生活を送ることになります。一定期間、自分と交わないタイプの人とも、顔を合わせる必要があります。ホームシックになる人がいます。

部屋は、個室じゃない場合が多いです。大学における休学みたいなことが不可能です。選べる教官の数が少ないです。免許を取得するイコール合宿免許という風潮が、定着していないです。
やりきったんだという大きな満足感が味わえます。

マニュアルの免許は、取得しにくい? 新しい価値観が、身につきます。

多彩なものを遮断・断絶した生活を送ることができてます。リズムが、規則正しくなります。
大学徒の友達を造りやすいです。

高校を卒業し、4月からは他県の大学に進学の為、ひとりぐらしをする事になっていました卒業式が誕生日だったので、一ヶ月以内に免許取得を目さしていました。

合宿なら、短期間で集中して練習できるというのがいいのです。普通だと時間が空いて運転感覚が鈍ってしまったりするのがとても嫌です。

その一発不合格の定番としてあげられるのが、教官による強制的なブレーキの実施です。横断歩道で人が待っているのに気が付かず、泊まらない場合や飛び出てきた人に対して反応が遅れてしまった場合によく発生する一発不合格の要素です。

都心での卒業式では、根本的に人が多く、横断歩道も多めです。歩行者によっては「教習車だから止まる」と感じて飛び出してくる人もいるかもしれません。

人が多いからこそ、卒業試験で不合格になる要素が発生しやすいのが特性的です。最初の3日くらいは、難しくぎこちなくても、5日を過ぎると慣れてきます。運が良かったのか、乗り越しなどは一度もなく本当に最短で免許を取得する事ができました。

気付くと、自分より先に教習所に行っていた友人よりも先に取得していました。
合宿免許のメリットは「格安」「短期間で教習過程がしゅうりょうできる」「カリキュラムが決まっているので予約等の面倒な作業が必要ない」等が、デメリットとしては、「まとまった休みが必要」等が思い浮かびます。

合宿免許 空き